最新の分譲住宅情報まとめ

買い時とはどのようなタイミングか

買い時とはどのようなタイミングか 新築で真新しい分譲住宅は、とても魅力的に目に映るものです。便利な場所にあって間取りも使い勝手が良さそうである物件は、すぐに売れてしまうのではないかという考えが浮かび契約を急いでしまいがちなものですが、今が買い時であるかどうかという判断は難しいものでしょう。もっとも重要なのが、その家を本当に必要としているかどうかという家族の状況です。
「良いタイミング」として挙げられるのが、結婚した直後や子供が生まれた後、そして子供が小学校や中学校に進学するという時期です。自分たち家族のライフスタイルが大きく変わる時期に新居への入居を行うと、新しい生活と住宅が馴染みやすく、暮らしがスムーズに行くというメリットがあります。分譲住宅の場合には購入後にすぐ入居が可能という利点がありますので、ライフスタイルの変化に合わせやすい販売形態であると考えて良いでしょう。そして意外にも重要度の高いのが、その分譲住宅に何か良いものを感じるという「直感」です。ピンと来るものが強くあれば、その時がまさに買い時なのです。

分譲住宅の管理システム

分譲住宅の管理システム 分譲住宅は複数の世帯で構成されているため、その管理には住民すべての意思が反映される必要があります。しかし実質的には全住民が会議に参加することはできないので、代表者によって理事会が結成されるのが一般的です。
理事会の会議は月に1回程度のペースで開催され、敷地内の清掃や補修などについて話し合います。実際の清掃や補修の作業はプロのメンテナンス会社に依頼されるのが通例なので、住民が直接作業することはほとんどありません。分譲住宅によっては、コストを抑えるために簡単な作業であれば住民が作業する方針を決める場合もあります。理事会で決定される管理内容には、大規模なリフォームなどもふくまれます。外壁の補修や駐車場の増設などです。リフォームのための資金は各世帯から集めて積み立てているものの、多額の予算がかかるのでじっくりと話し合わなければいけません。理事会は分譲住宅の将来を決める大切な取り組みです。会議に参加する代表者は各世帯が順番に担当するのが通例ですが、事情があれば断ることもできます。