最新の分譲住宅情報まとめ

分譲住宅の面積

分譲住宅の面積 分譲住宅の建坪や専有面積は人数別に応じて変わると言っても過言ではありません。
一般的に4人家族であれば、お子さんが小さい時には、3部屋があれば十分生活を送ることができますので、あまり専有面積などを気にされる人は少ないのではないでしょうか。
むしろ、部屋数がどれだけあるのか、それぞれの部屋の広さがどれくらいになるのかを考えるケースは多いと言えます。
最近の分譲住宅の多くは、4LDKの間取りの物件が多くなっており、1階に和室が一部屋、2階に3つの部屋があり、子供部屋が1部屋、夫婦の寝室が1部屋、そして書斎などで使える部屋が1部屋などの割合いが多いようです。
また、最近の分譲住宅で多いのが、2階部分にトイレを設置している家です。
トイレが2階部分にあることで、2階の寝室から1階まで階段を下りて行かなくても良い、特に冬場の寒い時期などは夜中のトイレで困ることも多いわけですから、2階にトイレがある住宅に人気が集まっているわけです。

分譲住宅は同じ面積なら注文住宅より割安なのでおすすめ

分譲住宅は同じ面積なら注文住宅より割安なのでおすすめ 分譲住宅は、土地の同じくらいの面積の注文住宅を買うより安くなるのでおすすめです。
分譲地を区画整理して、一度に複数の建物を建てて販売していきます。
そのため、一棟当たりの建設コストが抑えられる結果、分譲住宅は安くなるわけです。
安さのからくりがコスト削減にあるため、決して悪いわけではありません。
自分でいろいろ設計を考えるのは面倒という方にとっては買いやすい選択肢となります。
また、土地も含めて販売されるのも土地探しをしなくてよいというメリットにつながります。
自分で土地を持っていなければ買うか借りるかを考えて調達しなければなりません。
それにともなってつなぎ融資が必要になることがありますが、金利を考えると負担が大きくなってしまいます。
自分の好みを反映させることはできませんが、好みに合った分譲住宅を選べば自分の好みを反映させるのと大差もありませんし、購入コストも安くなるため、分譲住宅は一戸建ての中でもお勧めの選択肢です。