最新の分譲住宅情報まとめ

分譲住宅のメリット

分譲住宅のメリット 住宅を販売形式で分類したとき、分譲住宅はその中でも比較的人気があるタイプであるといえます。その理由はもちろん、このタイプの住宅ならではのメリットが存在するためです。

分譲住宅のメリットとしてまず挙げられるのは、費用を比較的安く抑えられることです。分譲住宅を販売している企業は販売用に広大な土地を購入し、土地の上にたてる住宅の資材も大量に仕入れるため、コストは注文住宅を扱う場合よりはかからず、価格にもあらわれています。注文住宅だと土地の取得代や建物の建設費以外にもたくさんの費用が発生しますが、分譲住宅ではそういった余分にかかる費用も少ないです。

また、既に建物が完成した状態で販売されている分譲物件であれば、敷地や建物を実際に見学してから購入するかどうかの決断ができるのも大きな利点になります。注文住宅のように、依頼する会社を慎重に選ばないとイメージとかけ離れた住宅が完成してしまう可能性はありません。

分譲住宅にはどのようなデメリットがあるのか

分譲住宅にはどのようなデメリットがあるのか 一戸建ての分譲住宅を購入する場合、通常は土地とその上に建っている建物をセットで買うことになります。つまり、すでに完成している住宅を購入するわけです。

そのため、分譲住宅には間取りや設備などの使い勝手を実際に確かめてから購入できるというメリットがある半面、必ずしも希望通りの間取りやデザインと出会えるとは限らないというデメリットがあります。ただし、設計段階から自分たちの希望を取り入れられる注文住宅に比べると価格が安いうえ、すでに完成している以上、建築途中に予算をオーバーしてしまうといったこともないので、経済性を優先したいという人にはこのことはそれほど不都合にはなりません。

また、分譲住宅は建築のプロセスを見ていないため、天井裏や壁の内側といった見えない場所の施工不良、いわゆる「隠れた瑕疵」があるかも知れないという潜在的リスクがあります。そこで、最近では内覧時に専門家が同行して住宅の状態をチェックしてくれる、住宅診断サービスが普及しています。